• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 84743
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 V-Synth XT 】 V-Synth XT のタイム・トリップ機能はどのようなものですか?

カテゴリー : 

回答

バリフレーズの特長の 1つとして、ウェーブの再生位置や速度をリアルタイムに変えることができます。この特長を利用して、ウェーブの再生位置や速度を手でコントロールするのがタイム・トリップ機能です。バリフレーズを使用しているパッチで、タイム・トリップ・パッドの機能を「TIME TRIP」に切り替えると使えます。

鍵盤を演奏しながらタイム・トリップ・パッドに触れると、現在発音しているウェーブの再生位置が止まります。そして、その位置から円を描くように指を動かすことにより、ウェーブの再生が時間方向に進んだり(右回り)戻ったり(左回り)します。ターンテーブルのスクラッチ等とは異なり、ピッチを変えることなくコントロールできるので、鍵盤で弾いたピッチを保って演奏することができます。また、Dビーム・コントローラーを使っても同様の演奏ができます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます