• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 94171
  • 公開日時 : 2022/04/01 00:00
  • 印刷

【 Aerophone Pro AE-30 】任意のシーンにX-Fade機能を設定する方法を教えてください。

回答

Aerophone Pro AE-30 システム・プログラム ver.2以降で、X-Fade機能に対応しました。X-Fade機能を使うと、息の強さや本体の向きを変えることによって、2つの音色の吹き分けて演奏することができます。

一部のプリセット・シーンでは、モーション・センサー機能との組み合わせで使われています。01:Synth Hard Lead - 36 Syn Lead M/S 3の設定を参考に、無料アプリ「Aerophone Pro Editor」を使って、任意のシーンに各パラメーターを設定してください。01:Synth Hard Lead - 36 Syn Lead M/S 3は、ベルアップすると、5度上と12度上の音が加わり、賑やかな音になります。横に傾けると、ピッチ・ベンド・ダウンがかかります。

01:Synth Hard Lead - 36 Syn Lead M/S 3の設定

パラメーター 36 Syn Lead M/S 3の設定値
MOTION 1* Assign Function X-FADE
Input Min 20
Input Max 50
Assign Mode MOMENTARY
SCENE/PART X-Fade Range

PART1: 0-127

PART2: 90-127

PART3: 90-127

Fade Width Lower

PART1: 0

PART2: 70

PART3: 70

Fade Width Upper

PART1: 0

PART2: 0

PART3: 7

 

Aerophone Pro AE-30で任意のシーンにX-Fade機能を設定する場合は、以下の手順で操作してください。

※ 手順 5で、Motion以外のコントローラーにアサインすることもできます。「Aerophone Pro AE-30/Aerophone AE-20 パラメーター・ガイド」の「Assignパラメーター - 連続動作のコントローラー」をご覧ください。

  1. Aerophone Pro Editorを起動し、Aerophone Pro AE-30を接続します。
  2. EDITORをタップします。
    – SCENE VIEW画面が表示されます。
    Aerophone_Pro_Editor_EDITOR.png
  3. 設定するシーンを選びます
    Aerophone_Pro_Editor_EDITOR_INTERNAL.png
  4. Control/Assignの「INTERNAL」をタップします。
    Aerophone_Pro_Editor_EDITOR_INTERNAL_button.png

  5. 「Motion」をタップします。
  6. Assign Functionに「X-FADE」を選びます。
  7. 必要に応じて、以下のパラメーターを設定します。
      設定値 説明
    Input Min 0〜127

    コントローラーの操作が有効になる範囲を、下限値(Min)/上限値(Max)で設定します。

    Input max
    Output Min 割り当てた機能が動作する範囲を、下限値(Min)/上限値(Max)で設定します。
    Output Max
    Mode Latch 操作をするたびにOut Min の値とOut Max の値が切り替わります。
    Momentary

    「機能アサイン(連続動作)」のグラフのように、コントローラーへの操作に対応して機能が動作します。

    Curve

    動作モードが「Momentary」のときの、動作カーブを設定します。 

    ae-30_x-fade_curve.png

  8. SCENE VIEW画面に戻し、いずれかのパートを長押しします。
  9. vをタップしてパラメーターのグループを「RANGE」に切り替え、[CLOSE]をタップします。
  10. 必要に応じて、各パートに以下のパラメーターを設定します。
      設定値 説明
    X-Fade Range

    (Lower)0~127
    (Upper)0~127

    トーンの鳴るX-Fade(CC30)の下限(Lower)/上限(Upper)を設定します。
    X-Fade(CC30)の値でトーンを鳴らし分けたいときに設定します。

    Fade Width Lower 0~127

    X-Fade(CC30)の値がX-Fade Range Lower より小さい場合の音を鳴らす度合いを設定します。鳴らさない場合は「0」にします。

    Fade Width Upper

    X-Fade(CC30)の値がX-Fade Range Upper より大きい場合の音を鳴らす度合いを設定します。鳴らさない場合は「0」にします。

  11. [WRITE]ボタンをタップして、ユーザー・シーンに保存します。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます