• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 92290
  • 公開日時 : 2020/12/14 11:00
  • 印刷

【Aerophone Pro AE-30 】AE-30を演奏して、外部MIDI音源を鳴らすことはできますか。

回答

はい。
AE-30の演奏で外部MIDI音源を鳴らすには、以下の方法があります。
 
MIDI接続
AE-30本体背面のMIDI OUT端子と外部MIDI音源(ハードウェア)のMIDI IN端子を接続します。
※ 接続には、MIDIケーブル(市販)が必要です。
 
USB接続
AE-30本体側面のUSB端子(Type-C)とパソコンを接続して、ソフトウェア音源またはパソコンに接続した外部MIDI音源を鳴らすことができます。
※ 別途DAWソフトウェアやソフトウェア音源が必要です。
※ この方法では、発音に遅延が生じます。
※ 付属のUSBケーブル(Type-C - Type-A)で接続してください。
いずれの方法も、送信側(AE-30)と受信側(外部MIDI音源、DAWソフトウェアのMIDIトラック)のMIDIチャンネルを一致させる必要があります。
AE-30のMIDIチャンネルを変更する場合は、以下の手順で操作してください。
※ Aerophone Pro Editorを使う必要があります。接続方法について、詳しくは関連Q&A「Aerophone Pro Editorに接続する方法を教えてください。」をご覧ください。
1. Aerophone Pro Editorを起動し、AE-30と接続します。
2. 画面下部の[EDITOR]ボタンをタップします。
 ※ 編集したいシーンが画面左上に表示されていない場合は、AE-30本体で選ぶか、Aerophone Pro Editorで表示されているシーン名をタップしてリストから選んでください。
3.[MIDI OUT]をタップします。
4.[CONTROL]をタップします。
5.「TXx Channel」の設定値をタップします。
6. 送信チャンネルを指定します。
7. 変更内容を保存する場合は、[WRITE]ボタンをタップします。
8. 保存先のSceneを確認して、[OK]ボタンをタップします。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます