• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > S > SONAR > SONAR 1 > 【 SONAR 1 】 オーディオエフェクトの 「リアルタイム・エフェクト」 「ノンリアルタイム・エフェクト」 とは何ですか。
  • No : 81204
  • 公開日時 : 2014/01/14 11:48
  • 印刷

【 SONAR 1 】 オーディオエフェクトの 「リアルタイム・エフェクト」 「ノンリアルタイム・エフェクト」 とは何ですか。

カテゴリー : 

回答

オーディオにエフェクトをかけるには2通りあります。
1つはトラックごとにエフェクトをかけたり、Aux などにエフェクトをアサインする 「リアルタイム処理」 による方法、もう1つは波形そのものを書き換える 「ノンリアルタイム処理」 という方法です。

リアルタイム処理

 

任意のトラックにエフェクトをかける使い方と、1 つのエフェクトを複数のトラックで共有する使い方があります。

 

  • 任意のトラックにエフェクトをかける使い方

       

    EQ やダイナミクス系のエフェクトは、この方法を使用します。

     

    1. トラックウィンドウで該当トラックの FX 欄を右クリックして、オーディオエフェクトからエフェクトを選択します。
    2. コンソールウィンドウでアサインします。
  • 1 つのエフェクトを複数のトラックで共有する使い方

    Aux バスやバーチャルメインバスにエフェクトを割り当てておくことで、複数のトラックからそれらエフェクトにアクセスすることができます。リバーブなど空間系エフェクトに効果的です。

 

ノンリアルタイム処理

     

    ノンリアルタイム処理は、波形そのものを書き換えます。
    CPU に負担がかからないというメリットがあり、エフェクトを多用する場合などに効果的です。ただしディレイやリバーブなどの処理の場合、波形の長さが長くなってしまうことがあります。Time/Pitch Stretch はノンリアルタイム処理のエフェクトです。

  • トラックウィンドウで該当トラックの FX 欄を右クリックして、オーディオエフェクトからエフェクトを選択します。
  • ミキシングタブでエフェクトの出力処理の設定をします。
    リアルタイム処置からノンリアルタイム処理への変換

    リアルタイム処理をしているトラックの波形を選択し、編集メニューから [オーディオエフェクトの反映] を選択します。


【Cakewalk ソフトウェア ユーザー・サポート終了のお知らせ】
Cakewalk ソフトウェアのユーザー・サポートは、ティアック株式会社に移管いたしました。詳しくは、「Cakewalk ソフトウェア ユーザーサポート窓口移管のお知らせ」をご覧ください。


アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます