• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > A ではじまる型番 > AC-3 > 【 AC-3 】 AC-3 のアコースティック・ギターの音は、PAシステムから出し、マルチ・エフェクターで作ったディストーションやディレイ系の音は、通常のギター・アンプから出すように、出音に応じて AC-3 の操作で出力先を使い分けることはできますか?
  • No : 73241
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 AC-3 】 AC-3 のアコースティック・ギターの音は、PAシステムから出し、マルチ・エフェクターで作ったディストーションやディレイ系の音は、通常のギター・アンプから出すように、出音に応じて AC-3 の操作で出力先を使い分けることはできますか?

カテゴリー : 

回答

はい、可能です。

AC-3 には、

LINE OUT ・・・ PAシステムや BOSS BRシリーズのレコーダーなどとの出力端子
G.AMP OUT ・・・ ギター・アンプ接続用出力端子

の 2つの出力端子があります。
ご質問のようなアンプの使い分けをするためには、LINE OUT、G.AMP OUT に、
図のように PA システムとギター用アンプを接続します。
AC-3 をオン/オフすると、図で示したように、出力は自動的に切り替わります。


エフェクト・オンの場合

CHECK インジケーターが点灯して、G.AMP OUT ジャックの出力はミュートされ、
LINE OUT ジャックの出力からはエフェクト音 (アコースティック・ギターのサウンド) が出力されます。




エフェクト・オフの場合

CHECK インジケーターは消灯して、G.AMP OUT ジャックの出力からギター音
が出力され、LINE OUT ジャックの出力はミュートされます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます