• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 90597
  • 公開日時 : 2020/03/04 09:15
  • 更新日時 : 2020/06/10 12:01
  • 印刷

【 TD-27KV 】 打点位置検出に対応していますか。

カテゴリー : 

回答

はい。
以下の端子に打点検出に対応したパッドを接続すると、パッドを叩く位置によって音の鳴りかたが変わります。

■ 専用接続ケーブル
  • SNR(スネア)
  • T1、T2、T3(タム)
  • RDB(ライドのボウ)
■ TRIGGER IN 端子
  • AUX1~3
■ DIGITAL TRIGGER IN 端子
  • 1~3

以下の手順で設定してください。
  1. [KIT EDIT]ボタンを押します。
      - KIT EDIT 画面が表示されます。
  2. [F5](OTHER)ボタンを押します。
      - KIT EDIT OTHER 画面が表示されます。
  3.  カーソル・ボタンで「POSITION」を選び[ENTER]ボタンを押します。
  4. [F1](POSITION)を押します。
     - POSITION CONTROL 画面が表示されます。
  5.  パッドを叩くかカーソル・ボタンで、設定するパッドを選びます。
  6.  ダイヤルで「ON」にします。
※ 打点検出に対応したインストについては、『TD-27 データ・リスト』(PDF)の「インスト・リスト」備考欄をご覧ください。(「*P」と記載されているインストを選んでください。)
※ 専用接続ケーブルやTRIGGER IN端子につないだパッドと同じトリガー・インプットに割り当てると、TRIGGER INPUT 端子とTRIGGER IN 端子に接続したパッドの音は出力されません。
※『TD-27 リファレンス・マニュアル』(PDF)の「パッドを叩く位置で音の鳴りかたを変える(POSITION)」をご覧ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます