• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 82259
  • 公開日時 : 2015/11/10 10:00
  • 更新日時 : 2020/02/21 15:52
  • 印刷

【 TD-25 】 V-Drums Tutor DT-1 を使用できますか。

カテゴリー : 

回答

はい。
TD-25でDT-1を使うには、以下のような方法があります。

■ パソコンとTD-25を、USBケーブル+オーディオケーブルで接続する方法
  TD-25のUSB Driverが「GENERIC」(工場出荷時設定) に設定されていることを確認します。

  USBケーブルと、オーディオ・ケーブル(ステレオミニ/抵抗が入っていないタイプ) を用意し、以下のように接続します。

 
DT-1を起動して接続機器の設定をします。
 ※ 詳しくは、DT-1 取扱説明書「接続機器の設定」の項をご参照ください。
  1. [設定メニューから [接続機器の設定]を開きます。
  2.  MIDI入力欄で「TD-25」を選びます。
  3. 「練習曲のオーディオ出力先を選ぶ」で「OS で設定している出力を使用する」(初期値) を選びます。
  4. [OK]をクリックして、設定画面を閉じます。
 
■  パソコンとTD-25をUSBケーブル1本で接続する方法
     DT-1 を使用するパソコンにUSB ドライバーをインストールする必要があります。
  以下の手順でUSB Driverを「VENDOR」に設定してからインストールしてください。    
  1.   キット画面で[F3(MENU)]ボタンを押します。
  2. F3(SETUP)]ボタンを押します。
  3. [Options]を選び[KICK(ENTER)]ボタンを押します。
  4. F3]ボタンを押して「USB Driver」を選びます。
  5. INSTRUMENT]つまみで「VENDOR」に設定します。
  6.  TD-25 の電源を入れ直します。
  7.  ダウンロードしたドライバーのフォルダ内にある「Readme.htm」の手順にしたがい、ドライバーをインストールします。
    ※ Windows 10の場合は、手動でのインストールは不要です。「VENDOR」に設定したあと、インターネットに接続されたパソコンにUSB接続して数分お待ちください。
    ※ Windows(Windows 10を除く)は、インストール中に表示されるメッセージにしたがってUSB 接続してください。Mac をお使いの場合は、インストール完了後に接続してください。


DT-1 を起動して、以下のように接続機器の設定をします。
DT-1 取扱説明書「接続機器の設定」ご覧ください。
  1.  設定メニューから [ 接続機器の設定 ] を開きます。
  2. MIDI入力欄に表示されている「TD-25」をクリックします。
  3. 練習曲のオーディオ出力先を選ぶ」を設定します。
    - Windows の場合は「ASIO 対応ドライバー」、Mac の場合は「一覧から選ぶ」にチェックを入れます。
    - オーディオ出力一覧に表示されている『TD-25』をクリックします。   
  4. [OK]をクリックして、設定画面を閉じます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます