• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > R > RPC-1 > 【 RPC-1 】 RPC-1 と VS-2480/VS-2480CD/VS-2480DVD を R-BUS 接続して使用する際の注意点があれば教えてください。
  • No : 80584
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 RPC-1 】 RPC-1 と VS-2480/VS-2480CD/VS-2480DVD を R-BUS 接続して使用する際の注意点があれば教えてください。

カテゴリー : 

回答

RPC-1 のマスタークロック を インターナル にするか、エクスターナル にするかによって、RPC-1 のディップスイッチの位置と、「RPC-1 Control Panel」 内や VS 側を以下のように設定します。

■RPC-1 のマスタークロック を インターナル にする場合

RPC-1 のディップスイッチを “SW1:OFF、SW2:OFF” (工場出荷時の位置) に設定します。

次に、パソコン上の 「RPC-1 Control Panel」 を開いて 「Hardware Setting」 ページの “Master Clock” の “Int. Clock” にチェックを入れて、“Int.Clock Sample Rate” でサンプリング周波数を選択します。

その後、VS側のプロジェクトパラメーターにある “Master Clock” を “R-BUS” にして、VS 側のサンプリング周波数を RPC-1 で選択したサンプリング周波数に合わせます。


■RPC-1 のマスタークロック を エクスターナル にする場合

RPC-1 のディップスイッチを “SW1:ON、SW2:OFF” に設定を変更します。
VS 側のプロジェクトパラメーターにある“MasterClock”は、“INT” にしておきます。

次に、パソコン上の 「RPC-1 Control Panel」 を開いて、「HardwareSetting」 ページの Master Clock の “Ext. Clock” にチェックを入れて、 “Ext.Clock Sample Rate” VS 側で設定されているサンプリング周波数に合わせます。

※RPC-1 には 64kHz の設定がありませんので、VS 側のサンプリング周波数は、64kHz 以外を選択しておいてください。
※ここで選択したサンプリング周波数のみを、ソフトウェアで使用できます。


アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます