• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 78176
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 JUNO-D 】 Dビーム・コントローラーでどのような演奏ができますか?

カテゴリー : 

回答

JUNO-D は、Dビーム・コントローラーを使って、以下のような演奏ができます。
  1. SOLO SYNTH(ソロ・シンセ)
    鍵盤を押さえ、Dビームにかざした手を動かすだけで、鍵盤を速弾きしたような演奏をすることができます。

  2. ACTIVE EXPRESS(アクティブ・エクスプレッション)
    Dビームを使って音量を変化させ、抑揚をつけることができます(エクスプレッション)。
    さらに、[ KEY MODE ] が “ DUAL ” のパッチでアクティブ・エクスプレッション・スイッチを ON にすると、
    2 つのトーンを組み合わせた アクティブ・エクスプレッション 効果が得られます。
    アクティブ・エクスプレッションを使うと、音量が小さいときにはアッパー・トーンが鳴り、
    音量が大きくなるにつれてロワー・トーンが加わります。

  3. ASSIGNABLE(アサイナブル)
    以下の中から、好みの効果を割り当てることができます。
    MODULATIONビブラート
    PORT TIMEポルタメント・タイム
    VOLUMEレベル
    BALANCEアッパー・トーンとロワー・トーンの音量のバランス
    PANパン
    EXPRESSIONレベル
    POTRAMENTOポルタメント・スイッチ
    SOSTENUTO押されているキーの音を持続させる。
    SOFT音色を柔らかくする
    RESONANCEトーンのフィルター・レゾナンス
    RELEASE TIMEトーンのエンベロープ・リリース・タイム
    ATTACK TIMEトーンのエンベロープ・アタック・タイム
    CUTOFFトーンのフィルター・カット・オフ
    DECAY TIMEトーンのエンベロープ・ディケイ・タイム
    LFO RATEトーンの LFO レイト
    LFO DEPTHトーンの LFO デプス
    LFO DELAYトーンの LFO ディレイ
    CHO SEND LEVELコーラス・センド・レベル
    REV SEND LEVELリバーブ・センド・レベル
    MFX PARAMETER1マルチエフェクト・コントロール 1 で設定したパラメーター
    MFX PARAMETER2マルチエフェクト・コントロール 2 で設定したパラメーター
    AFTERTOUCHチャンネル・アフタータッチ情報を送信
    BEND UPピッチ・ベンド効果(センター→アップ)
    BEND DOWNピッチ・ベンド効果(センター→ダウン)

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます