• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > D > DR-5 > 【 DR-5 】 パターンを50種類ぐらい作成した時点で『MEMORY FULL』になってしまいます。
  • No : 75819
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 DR-5 】 パターンを50種類ぐらい作成した時点で『MEMORY FULL』になってしまいます。

カテゴリー : 

回答

DR-5の内部MEMORYには、プログラマブルパターンを最大200パターン、ソングを最大20ソング記憶する事ができます。

しかし、作成できるパターン数やソング数の枠が予めMEMORYの中にあるのではなく、作成されたDATAの容量に応じてMEMORYが使用されます。この為、サイズの大きなパターンや密度の濃いパターンを作成した場合、MEMORYを多く消費しますので200パターンに満たなくてもMEMORYを使いきってしまいます。

DR-5では1パターンあたり8ビート1小節程度の目安になります。

例えば、T.Sign 16/4でパターンを作成した場合、通常の4倍MEMORYを消費しますので作成できるパターン数は50パターン程度になります。

※DR-5に記憶できる音数は最大5000音です。1パターンあたり4トラック合計25音内の使用であれば、最大200パターンを作成する事ができます。

『MEMORY FULL』が出た時点で、それ以上のDATAを作成する事はできません。不要になったパターンを消去してMEMORY残量を増やして下さい。使用できるMEMORY残量は、UTILITYの[Avail]機能にて確認できます。

※ソングとして登録したパターンを消去してしまうと、ソングのそのパターンの演奏は行われません。ソングにはパターン自身が登録されるのではなくパターンの演奏順が記憶されています。

また、作成したパターンやソングのDATAはバルク・ダンプ機能にてMIDIとして外部に取り出す事ができます。このバルクDATAをシーケンサー等にレコーディングする事により、シーケンサーのソングDATAとしてDISKで管理、保存できます。

DR-5のMEMORY上で管理できる曲数は作成するパターン数にもよりますが、あまり共通しないパターンばかりで構成しますと2~3曲程度になります。従って、ソング内及びソング間でできるだけパターンを共通に使用すれば、より多くのソングをMEMORY上で作成する事ができます。

更に、ソングをたくさん作成する場合には2曲くらいの単位でバルク・ダンプを行い、ライブラリとしてDISK等にて管理して下さい。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます