• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > D > DB-90 > 【 DB-90 】 MIDI IN端子がついていますが、これはどのような用途で使うのですか?
  • No : 75568
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 DB-90 】 MIDI IN端子がついていますが、これはどのような用途で使うのですか?

カテゴリー : 

回答

DB-90 の MIDI IN端子は、外部 MIDI機器(MIDI OUT を装備した機器)と MIDI接続して、
接続した機器の操作に同期してスタート、ストップ、テンポ表示を行うという用途で使用します。

  • 外部 MIDI機器からのスタート/ストップ操作
    外部 MIDI機器側でスタート/ ストップ操作をすると、その MIDI 情報が DB-90 に送信されます。
    DB-90 は送られてくる MIDI情報にしたがってスタート/ストップの動作をします。
  • 外部 MIDI機器と同じテンポでメトロノーム演奏
    外部 MIDI機器からは、テンポに応じたタイミング・クロックの MIDI情報が送信されます。
    DB-90 は送られてくるタイミング・クロックの MIDI情報に合わせて同期演奏します。
    すなわち、外部 MIDI機器の演奏と同じテンポで、DB-90 を鳴らすことができます。
    外部 MIDI機器の演奏に、DB-90 内蔵のメトロノーム音を自由につけることができて便利です。
ご参考 :MIDI について
MIDI(Musical Instrument Digital Interface)とは、電子楽器やコンピューターの間で演奏などの情報をやりとりできる統一規格です。MIDIコネクターを持った機器同士を、MIDIケーブルで接続して、データを送ったり受けたりすることができます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます