• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > C > CDX-1 > 【 CDX-1 】 CDX-1 で使用可能な増設メモリー(DIMM) の仕様はどのようなものですか?
  • No : 74892
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 CDX-1 】 CDX-1 で使用可能な増設メモリー(DIMM) の仕様はどのようなものですか?

カテゴリー : 

回答

CDX-1 で使用できる増設メモリー(DIMM)の仕様は以下のとおりです。

ピン数:     168 ピン
周波数:     100MHz(PC100 CL=2)
搭載メモリー:  128Mbits SDRAM(4M words×8 bits×4 banks)×chips×8pcs 搭載
電 圧:     3.3V
容 量:     128MB

ご注意:
  • 64Mbits SDRAM chip × 16pcs 搭載の 128MB SDRAM DIMMや、
    他の仕様・容量の DIMM は使用できません。
    必ず、イラストのタイプの 128MB メモリー(DIMM)をお使いください。



  • メモリーの増設の手順など、詳しくは取扱説明書「メモリーを増設する」(P.14 ~ 17) をお読みください。
  • メモリー(DIMM)は、メーカーにより、電気的特性や品質にばらつきがあり、読み込み/書き込みが十分にできないものがあります。
  • メモリーの増設をしたあとは、取扱説明書「メモリーの読み書きテストをする~ DIMM 診断」(P.17)にしたがって、必ずメモリーの動作チェック(DIMM 診断)を行ってください。DIMM ダイアグノシス画面の「Diagnosis」に「OK」と表示されたメモリーは、CDX-1 でお使いいただけます。
  • ご参考:
    CDX-1 では、下記のメモリー(DIMM)での動作を確認しています。

    株式会社グリーンハウス(品名:GH-SD100/128MA2)
    旭エンジニアリング株式会社(品名:AK128M64SS-PC100 CL2)
    株式会社アドテック(品名:AD-DVBU128S)

    アンケート:ご意見をお聞かせください

    ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます