• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > C > CW > CW-PR7 > 【 Cakewalk Professional 7 】 Cakewalk8シリーズは、Cakewalk7シリーズからの新しい機能追加はありますか。
  • No : 74736
  • 公開日時 : 2014/01/16 15:13
  • 印刷

【 Cakewalk Professional 7 】 Cakewalk8シリーズは、Cakewalk7シリーズからの新しい機能追加はありますか。

カテゴリー : 

回答

新しい機能として次のものがあります。

  • MFX (リアルタイム MIDI エフェクト)対応

    オーディオ・エフェクトと同様、コンソール・ウィンドウから MIDI トラックにエフェクトの設定ができます。

    収録しているエフェクトは以下の通り。

    Pro Audio/Professional

     

     

    Quantize, Velocity, Transpose, Delay/Echo, Arpeggiator, Event Filter, Chord Analyzer

     

     

    Home Studio

     

     

    Quantize, Delay/Echo, Event Filter

     

     

     

  • ビデオ対応

    AVI、MPEG、QuickTimeの各フォーマットのビデオ・ファイルを読み込み、新しく搭載されたビデオ・ウィンドウで表示できます。また、読み込んだビデオのオーディオ・データをCakewalkで編集し、再度ビデオ・ファイル(AVIのみ)に保存することができます。

     

  • オーディオのベクター・ミキシング

    オーディオ・データの波形上にボリュームやパンの変化を描くだけで、元のデータを変更することなくボリュームやパンの調整ができるようになりました。

     

  • 96kHz, 24bit オーディオに対応(Pro Audio8 のみ)

    最大で 96kHz/24bit のデジタル・オーディオまでサポート、最高のクオリティでの編集を可能にしました。

    ※ 使用できる量子化ビット数およびサンプリング周波数は、サウンドカードの性能に依存

     

 


【Cakewalk ソフトウェア ユーザー・サポート終了のお知らせ】
Cakewalk ソフトウェアのユーザー・サポートは、ティアック株式会社に移管いたしました。詳しくは、「Cakewalk ソフトウェア ユーザーサポート窓口移管のお知らせ」をご覧ください。


アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます