• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > C > CW > CW-HS9 > 【 Cakewalk Home Studio 9 】 コンソール・ウィンドウで、MIDIトラックのコーラス・センド・レベルを設定し、スナップ・ショット・ボタンを押して記録した。そのデータを、SMFフォーマット0での保存後、再度開くと、コーラス・センド・レベルの値が、設定した値と異なる値になる。
  • No : 74500
  • 公開日時 : 2014/01/16 15:15
  • 印刷

【 Cakewalk Home Studio 9 】 コンソール・ウィンドウで、MIDIトラックのコーラス・センド・レベルを設定し、スナップ・ショット・ボタンを押して記録した。そのデータを、SMFフォーマット0での保存後、再度開くと、コーラス・センド・レベルの値が、設定した値と異なる値になる。

カテゴリー : 

回答

これはコンソール・ウィンドウでスナップ・ショットを実行した際に記録される、オーディオ・トラック関連のオートメーションデータがSMFに保存されるために起こる症状です。

スナップ・ショットを実行すると、「コンソールオートメーションデータ」という名前のトラックが追加されて、そのトラックにオーディオ・トラック関連のオートメーションデータが記録されます。SMF保存される前に、このトラックを削除すれば、問題を回避することができます。

また、SMF format1で保存することでも回避することができます。これは、SMF format1では、各トラックが別々に保存され、オートメーションデータと、通常のMIDIトラックのデータが混在することがないためです。


【Cakewalk ソフトウェア ユーザー・サポート終了のお知らせ】
Cakewalk ソフトウェアのユーザー・サポートは、ティアック株式会社に移管いたしました。詳しくは、「Cakewalk ソフトウェア ユーザーサポート窓口移管のお知らせ」をご覧ください。


アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます