• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 74281
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 C-30 】 どうしていま電子チェンバロを開発したのですか?

カテゴリー : 

回答

チェンバロはその音色の魅力や姿の美しさで、とても魅力的な楽器です。しかし、大きさや値段、頻繁に自分で調律の必要があり、また細かなトラブルも多く、一般の人が気軽に楽しめる楽器ではありません。また、一音ごとの音の強弱があまりつけられず、音も小さいので、バロック以外の音楽では使われることがなくなり、一般に目にしたり、聞いたりすることはほとんどなくなっています。
このチェンバロの魅力をそのままに、こうした課題を解決して電子ピアノのような気軽さで楽しめ、しかも本格的な音色の魅力や、雰囲気を備え、ちょっと人とは違った楽器にチャレンジしてみたい人に電子チェンバロの可能性は非常に大きいと考えました。

いまの時代の要求にあった、クラシカルで、しかも新しい楽器がこの電子チェンバロ C-30 です。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます