• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > M > MC-50MK2 > 【 MC-50MK2 】 外部MIDI機器を同期させたいのですが、どのようにするのでしょうか。
  • No : 78998
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 MC-50MK2 】 外部MIDI機器を同期させたいのですが、どのようにするのでしょうか。

カテゴリー : 

回答

MC-50MK2は他のシーケンサーやリズムマシンで作成したDATAとMC-50MK2で作成したSONG DATAとを同期して、演奏/録音することができます。更に、TAPE SYNCの入出力端子を装備していますので、マルチトラックレコーダー(MTR)とも同期させることができます。

同期演奏/録音する場合、スタート・ストップ等をコントロールするマスター側のMIDI機器のMIDI OUTから、コントロールされるスレーブ側のMIDI機器のMIDI INに接続します。
MC-50MK2をマスターとして使用する場合には、トランスミットコンディション(MIDI 4)にてMIDIクロックを送信させるよう設定して下さい。また、スレーブとして使用する場合は、シンククロック(FUNC 1)にて同期に使用するクロック(MIDI/TAPE)を設定して下さい。

※受信するクロックを「REMOTE」に設定した場合、テンポは同期せずMC-50MK2での設定に従います。

マルチトラックレコーダー(以後MTR)と同期させる場合、MC-50MK2はスレーブとして使用します。あらかじめMTRの空きトラックに、MC-50MK2のTAPE SYNC2 OUT ジャックから出力されるSONG DATAのテープシンク信号を録音します。受信するクロックを「TAPE」に設定し、MC-50MK2のTAPE SYNC2 IN JACKにMTRから録音したテープシンク信号を入力すると、同期演奏がスタートします。
MC-50MK2のTAPE SYNC2のテープシンク信号には、位置を示す信号が含まれています。そのため、MTRを途中から再生してもMC-50MK2は位置を判別し、自動的に移動して同期演奏を行います。

※シンククロック(FUNC 1)にて「MIDI」及び「TAPE」に設定されている場合、MC-50MK2でのスタート・ストップはできません。

MC-50MK2の同期によってコントロールできる内容は、テンポ・スタート・コンティニュー・ストップ・ソングポジションポインター・ソングセレクトの6項目ですが、接続されるMIDI機器の仕様により対応していない項目は反映されません。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます