• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > B > BR-1600CD > 【 BR-1600CD 】 ステレオ・ディレイなど、ステレオ・エフェクトを使って録音しました。録音している時はステレオでエフェクトがかかっているのに、録音が終わって再生すると、モノラルになってしまいます。(広がり感が無くなってしまいます。)どうしてですか?
  • No : 74117
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 BR-1600CD 】 ステレオ・ディレイなど、ステレオ・エフェクトを使って録音しました。録音している時はステレオでエフェクトがかかっているのに、録音が終わって再生すると、モノラルになってしまいます。(広がり感が無くなってしまいます。)どうしてですか?

カテゴリー : 

回答

録音する時に、ステレオでエフェクトかかっていても、その演奏をモノラルトラックに録音すると、ステレオの広がり感が無くなります。

モノラル・トラックに録音された演奏に広がり感を与えるには、ループ・エフェクトの “DOUBL’N” を使用します。すると、左右の広がりを持ったダブリング効果を得ることができます。

ループ・エフェクトの “DOUBL’N” を使用する場合は、パンを左または右に調整することで、広がり感を変えることができます。

また、トラックに余裕がある場合は、ステレオ・エフェクトをかけた演奏をステレオ・トラックに録音することも有効です。そうすると、本来のステレオ・エフェクトの広がり感を損なわずに録音することができます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます