• No : 88011
  • 公開日時 : 2018/06/14 16:00
  • 更新日時 : 2019/02/25 12:03
  • 印刷

【 KATANA-AIR 】トランスミッター(WL-T)はどのようなギターで使用できますか。

カテゴリー : 

回答

一般的なギター(ストラトキャスター・タイプ、テレキャスター・タイプ、レスポール・タイプ、SG タイプ、エレクトリック・アコースティック・ギター、エンドピン・ジャックなど)への取り付けが可能です。
 
なお、以下のギターには対応しておりません。
 
● 下記のタイプの機器では、仕様が制限されます。
 
・OUTPUT 端子がステレオ標準タイプ(TRS 標準タイプ)の機器
   ※ L 側(Tip 側)の信号のみ出力されます。
 
● 下記のタイプのギターには対応しておりません。
 
・取り付けジャック部分に、トランスミッターを取り付けるための空間(直径 18.5mm、深さ 5mm の円柱状の空間)が確保できないギター
 
・電気的な配線仕様が特殊なギター
   - 一部のアクティブ・ピックアップ搭載ギター(※1)
   - YAMAHA サイレント・ギター(※2)
 
(※1)
WL-T は、一般的なアクティブ回路の TRS ジャック出力の配線方法(Tip=オーディオ、Sleeve=グラウンド、Ring =バッテリー・グラウンド)に対応しています。稀にこの Ring と Sleeve が逆に配線されているギターがあり、そこに WL-T を接続した場合は、ギターのアクティブ回路が正しく動作しません。
 
 
 
対処法として、ギターのジャック出力と WL-T のあいだにモノラルフォン変換プラグを挿入することで、ほとんどの場合動作するようになります。なお、接続時は WL-T の 電源ON/OFF 用 ピン(プラグ横の小さな金属スイッチ)が押されている状態にあることを確認してください。
 
 
 
(※2)
電気的な配線仕様のため動作しません。