• No : 87542
  • 公開日時 : 2017/12/22 16:40
  • 更新日時 : 2018/11/06 16:23
  • 印刷

【 BCK シリーズ 】 再加工できますか。

回答

プラグやケーブルが再度使用できる状況であれば、再加工は可能です。

再度使用できる状況かどうかは、以下の点でご確認ください。

≪ 再加工の注意点 ≫

■ プラグの中のピンが折れていないか確認します

ピンが折れている場合はプラグが故障しており、お使いになれません。

新しいプラグを、改めてご用意になる必要があります。
もし目視で明らかなピン折れが確認できないようであれば、一度ケーブルを抜いて、再度作成をお試しください。

■ ケーブルのイモネジを締めた跡がないか確認します

いったんイモネジで止めてしまうと、ケーブル自体に跡(傷)がついてしまいます。
イモネジで止めた部分の跡(傷)がある場合は、ケーブルの長さに注意して跡のついた部分をカットし、再度作成をお試しください。

以上の点をご確認の上、「作成時の注意点を教えてください」をご覧ください。


※ お客様相談センターでは製作自体のサポートは行っておりません。