• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 94179
  • 公開日時 : 2022/04/01 00:00
  • 印刷

【 Aerophone Pro AE-30 】ドローン機能を使うと、どのような演奏ができますか。

回答

Aerophone Pro AE-30のドローン機能を使うと、発音中の音色に別の音色を重ねて演奏することができます。

たとえば、プリセット・シーン「8: Ethnic - Bag Pipes 1、13. Bag Pipes 2」では、サム・パッドにドローン・スイッチがアサインされています。サム・パッドを操作することによって、バグパイプのドローン管のような持続低音を鳴らしながら、メロディーを重ねることができます。

これらのシーンでドローン機能を演奏を試す場合は、以下の手順で操作してください。

  1. Bag Pipes 1またはBag Pipes 2を選びます。
  2. サム・パッドを押した状態で、息を吹き込みます。
    – ドローン用の音が鳴ります。
  3. 息を吹き込んだまま、サム・パッドから指を離します。
  4. 息を吹き込むのをやめます。
    – ドローン用の音は持続します。
  5. サム・パッドを押さずに、息を吹き込みます。
    – ドローン用の音を鳴らし続けながら、メロディー用の音を重ねて演奏できます。
    – ドローン用の音を止める場合は、サム・パッドを押します。
  • 「8: Ethnic - 12. Bag Pipes 1、13. Bag Pipes 2」以外にも、ドローン・スイッチがアサインされているプリセット・シーンがあります。「シーン・リスト」で「drone」を検索してください。
  • 無料アプリ「Aerophone Pro Editor」を使うと、設定をカスタマイズできます。関連Q&A「任意のシーンにドローン機能を設定する方法を教えてください。」をご覧ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます