• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 93306
  • 公開日時 : 2021/10/13 16:00
  • 印刷

【 SP-404MKII 】使うエフェクトをサンプルごとに設定できますか。

カテゴリー : 

回答

はい。SP-404MKⅡは、サンプルの再生音をどのバスに送るか(どのエフェクトを使うか)を、サンプルごとに設定することができます。
以下の手順で操作してください。
サンプルの再生音をどのバスに送るか(どのエフェクトを使うか)を、サンプルごとに設定することができます。
ここでは、BUS 2 に割り当てたエフェクトを、パッド[1]のサンプルにかける操作を例に説明します。
 
※ バスにどのエフェクトを割り当てるかは、事前に設定しておきます。「エフェクトをBUS 1、BUS 2 に割り当てる」をご覧ください。

1. [BUS FX]ボタンを押して、BUS 2 を選びます。
2. [REMAIN]ボタンを押しながら、パッド[1]を押します。
パッド[1]に割り当てられているサンプルの再生音は、BUS 2 に割り当てられているエフェクトに送られます。
このとき、パッド[1]は緑点灯します。
 
サンプルをBUS 1、BUS 2 に送らないようにする
サンプルの再生音をBUS 1、BUS 2 に送らないようにすることができます(DRY)。サンプルにエフェクトはかかりません。
1. [REMAIN]ボタンを押しながら、パッド[1]~[16]を何回か押して、パッド[1]~[16]を白点灯させます。
白点灯させたパッドのサンプルには、BUS 1、BUS 2 のエフェクトはかかりません。
 
INPUT 端子に入力された音声をバスに送る
サンプルと同様に、INPUT 端子に入力された再生音をどのバスに送るか(どのエフェクトを使うか)を設定することができます。
詳しくは、「INPUT 端子に入力された音声をバスに送る」をご覧ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます