• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 92763
  • 公開日時 : 2021/04/14 09:00
  • 印刷

【 TD-50X 】録音した曲を、他のオーディオ・プレイヤーやパソコンで再生できますか。

回答

はい。
SONG EXPORTをすると、本体やSDカードに録音したデータを、SD カードに書き出すことができます。SDカードのEXPORTフォルダーに保存されたファイルを、WAV形式(44.1kHz、16bit)のファイル再生に対応したオーディオ・プレイヤーやコンピューター上のソフトウェアに読み込んで、再生してください。

以下の手順で操作してください。
※ TD-50Xで初期化(フォーマット)したSDカードを挿入してください。

  1. [SONG]ボタンを押します。
      - SONG画面が表示されます。
  2. [F3](REC DATA)ボタンを押します。
  3. [R1]つまみを回して、録音データを選びます。
  4. [F4](EXPORT)ボタンを押します。
     - SONG EXPORT画面が表示されます。
  5. [R1]つまみを回して、エクスポートのタイプを選びます。
    • SMF(DRUM ONLY):ドラムの演奏音を、SMF でエクスポートします。
    • WAV(DRUM ONLY):ドラムの演奏音を、オーディオ・ファイルでエクスポートします。
    • WAV(DRUM+SONG):ドラムの演奏音とソングの音を、オーディオ・ファイルでエクスポートします。
      ※「 DRUM only」で録音した録音データの場合は選べません。
    • ALL(WAV+SMF):「DRUM only」で録音したとき ドラムの演奏音を、オーディオ・ファイルとSMF でエクスポートします。
      ※「with SONG」で録音したとき ドラムの演奏音をオーディオ・ファイルとSMF で、ドラムの演奏音とソングの音を、オーディオ・ファイルでエクスポートします。
      ※ [F4](NAME)ボタンを押すと、エクスポートするファイルの名前を付けることができます。
  6. [R2]または[R3]つまみを回して、エクスポートの設定をします(オーディオ・ファイルをエクスポートするときのみ)。
    • Export :オーディオ・ファイルの音量を調節します。+の値にすると音量が大きくなります。
    • Post Export Time:書き出したオーディオ・ファイルの最後の音の余韻が切れてしまう場合は、この値を大きくすると、余韻を切れるのを防ぐことができます。
  7. [F5](EXECUTE)ボタンを押します。
    - 確認画面が表示されます。
    - 中止するときは、「CANCEL」を選んで[ENTER]ボタンを押します。
  8. 「OK」を選び、[ENTER]ボタンを押します。
    - エクスポートを開始します。
    - エクスポートしたデータは、SDカードの「EXPORTフォルダー」に保存されます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます