• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 90201
  • 公開日時 : 2020/01/15 17:00
  • 更新日時 : 2020/02/21 13:11
  • 印刷

【 SY-1000 】 1つのパッチで、いくつのエフェクトを使用できますか。

カテゴリー : 

回答

1つのパッチで使えるエフェクト・ブロックの種類と数は以下の通りです。
  • COMPRESSOR  ×1
  • DISTORTION  ×1
  • AMP ×1
  • NOISE SUPPRESSOR ×1
  • EQUALIZER ×2
  • DELAY ×2
  • MASTER DELAY ×1
  • CHORUS ×1
  • FX ×3
  • REVERB ×1
  • FOOT VOLUME ×2
  • SEND / RETURN ×1
FX など複数のブロックを持つカテゴリーでは、ブロックごとにエフェクト・タイプを選べます。
たとえば、FX1 と FX2 では、エフェクト・タイプをそれぞれ選ぶことができます。FX-1とFX2に、同じエフェクト・タイプを割り当てることもできます。
各ブロックで設定できるエフェクト・タイプやパラメーターについて、詳しくは『SY-1000 リファレンス・マニュアル』(PDF)をご覧ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます