• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > G > GT-1000 > 【GT-1000】エフェクトをかけた音を DAW に録音するにはどうしたらいいですか。
  • No : 87838
  • 公開日時 : 2018/04/16 17:43
  • 更新日時 : 2018/10/16 11:29
  • 印刷

【GT-1000】エフェクトをかけた音を DAW に録音するにはどうしたらいいですか。

カテゴリー : 

回答

DAW の入力デバイスで「GT-1000 MAIN」を選択してください。
 
※ GT-1000 のシステム・プログラムのバージョンによって USB ポートの MAIN と DRY の順番が異なるため、mac の場合は本体のバージョンに合わせて以下のように選択してください。
 
・Ver.1.11 以前の場合:「3-4 GT-1000」を選択
・Ver.1.20 以降の場合:「1-2 GT-1000」を選択
 
 
~ ご参考 ~
 
GT-1000 の USB ドライバーはそれぞれ信号の流れが異なります。
 
● GT-1000 本体のバージョンが Ver.1.11 以前の場合
 
【 GT-1000 DRY / 1-2 GT-1000 】
GT-1000 のエフェクト音をモニターしつつ、実際にはエフェクトをかけずにドライ音のみを DAW に送ることができます。
 
【 GT-1000 MAIN / 3-4 GT-1000 】 
GT-1000 に接続したギターの音に直接エフェクトをかけ、DAW に録音することができるもので、エフェクトのかけ録りの際に使います。
 
● GT-1000 本体のバージョンが Ver.1.20 以降の場合
 
【 GT-1000 DRY / 3-4 GT-1000 】
GT-1000 のエフェクト音をモニターしつつ、実際にはエフェクトをかけずにドライ音のみを DAW に送ることができます。
 
【 GT-1000 MAIN / 1-2 GT-1000 】 
GT-1000 に接続したギターの音に直接エフェクトをかけ、DAW に録音することができるもので、エフェクトのかけ録りの際に使います。
 
 
この 2 つのポートを使い分けることで、反対に DAW に録音済みのトラックを GT-1000 に送り、GT-1000 のエフェクトをかけて DAW に戻すという使い方も可能になります。
 
具体的には、エフェクトをかけたくないトラックについては「GT-1000 DRY」を選択し、エフェクトをかけたいトラックは 「GT-1000 MAIN」を選択することで、GT-1000 本体でモニターしながら一方は DAW のトラックのドライ音のまま、もう一方は GT-1000 のエフェクトをかけることができます。
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます