• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 87684
  • 公開日時 : 2018/03/16 14:51
  • 更新日時 : 2018/03/19 12:40
  • 印刷

【 エフェクター 】 ペダルで色々な効果をつけるにはどうすれば良いですか。

回答

 弊社のマルチ・エフェクターやルーパー等には、「ファンクション (Function, FUNC)」 と 「アサイン (Assign)」という 2つのコントロール機能が搭載されているものがあります。
 
ファンクションやアサインを使えば、ペダル等で様々な効果(例:エフェクトの ON/OFF、フット・ボリューム等)を付けることができます。
 
● ファンクションでできること
 
ファンクションでは、良く使われる機能があらかじめピックアップされているため、その選択肢の中からコントローラー(ペダル、スイッチ等)に割り当てる効果を選ぶことができます。
煩雑な設定が不要で、手軽に効果をかけられるのが特長です。
 
【 ご参考 】
手軽に選べる反面、選択肢が限られます。
2つ以上の効果を組み合わて同時に使いたい場合や、ファンクションの選択肢にない場合などには、より高度な設定ができる “アサイン (ASSIGN)” を使うと便利です。
 
ファンクションとして用意されている効果の中には、「エフェクトの ON/OFF」、「パッチ切り替え」、「フット・ボリューム」、「ペダル・ベンド」、「WAH」などがあります。
 
設定方法は機種ごとに異なりますが、多くの場合 「CTL」 や 「EXP」 メニューの中にある 「FUNC」 や 「FUNCTION」 等で設定を行います。
 
設定できる項目は、“ コントロール源 (SOURCE) ” に対する “目的の効果 (FUNC)”、“ SOURCE の動作” 程度で、簡単に設定を行うことができます。
 
※ 使用する機器により、実際の設定項目や設定方法は異なります。
 
例えば [CTL] ペダルに DELAY の ON/OFF を割り当てる際、ペダルを踏んでいる間だけ効果をかけたいのであれば、以下のように設定します。
 
MOMENTARY
 
 
一方、一回踏んで ON、もう一回踏んで OFF にしたい場合は、MODE を “TOGGLE” にします。
 
TOGGLE
 
 
また、エクスプレッション・ペダル [EXP] に FOOT VOLUME を割り当てたい場合は、以下のように設定します。
 
EXP FV
 
コントローラーの設定をした後は、必ずパッチの保存を行ってください。
 
 
● アサインでできること
 
アサインでは、複数の効果を重ねたり、エフェクトの細かいパラメーターをコントロールしたりすることができます。
自由度が高く、演奏表現をさらにひろげることができます。
 
アサインで設定する必要があるのは、以下の項目です。
 
 
Assign
そのほか、ACT RANGE (機種によります) 等の設定を、必要に応じて行ってください。
また、コントローラーの設定をした後は、必ずパッチの保存を行ってください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます