• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 87605
  • 公開日時 : 2018/01/26 17:00
  • 印刷

【 KC-990 】 ステレオ・リンク機能はどういう機能ですか。

カテゴリー : 

回答

2台の KC-990 をオーディオ・ケーブル ( 標準タイプ )で接続することにより、ステレオ再生することができます。この機能を 「 ステレオ・リンク 」 と呼びます。
1 本で接続する方法と、2 本で接続する方法があり、接続方法によって、使用できる入力端子が異なります。

 

 

<片側の KC-990 の入力端子のみを使用する場合>

2 台のうち、片側の KC-990 の入力端子のみを使用する場合は、1 本のオーディオ・ケーブル( 標準タイプ )で接続してください。
L 側をメインとする場合、L 側の KC-990 の CH1 ~ CH4、AUX IN の最大5 系統の入力機器を接続できます。
※ R 側をメインにする場合は、以下の内容の L と R をすべて逆に考えて接続してください。

・接続図

・接続のしかた
L 側をメインとして使用する場合、L 側の KC-990 の OUT R 端子と R 側の KC-990 のIN 端子を標準タイプのオーディオ・ケーブルで接続します。
全ての周辺器機は L 側の KC-990 に接続します。
R 側用 KC-990 の SEREO LINK IN 以外の入出力端子には、接続しないでください。
※ 接続するときは、必ず両方の KC-990 の VOLUME つまみを 0 にしてから接続してください。

・音量/音質調節のしかた
2 台の KC-990 の音量や音質は、それぞれの VOLUME つまみやイコライザー(LOW、MIDDLE、HIGH つまみ)で個別に設定します。
基本は、同じ位置でお使いいただき、設置環境などで調整が必要なときは、それぞれ調整してください。

 

 

<2 台両方の KC-990 の入力端子を使用する場合>

2 台両方の KC-990 の入力端子を使用する場合は、2 本のオーディオ・ケーブル( 標準タイプ )で接続してください。
2 台分の CH1 ~ CH4、AUX IN を合わせた最大 10 系統の入力機器を接続できます。

・接続図

・接続のしかた
L 側の KC-990 の OUT R 端子と R 側の KC-990 の IN 端子を標準タイプのプラグのオーディオ・ケーブルで接続します。
R 側の KC-990 の OUT L 端子と L 側の KC-990 の IN 端子を標準タイプのプラグのオーディオ・ケーブルで接続します。
周辺機器を両方の KC-990 の入力端子に接続します。
※ 接続するときは、必ず両方の KC-990 の VOLUME つまみを 0 にしてから接続してください。

・音量/音質調節のしかた
2 台の KC-990 の音量や音質は、それぞれの VOLUME つまみやイコライザー(LOW、MIDDLE、HIGH つまみ)で個別に設定します。
基本は、同じ位置でお使いいただき、設置環境などで調整が必要なときは、それぞれ調整してください。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます