• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > M > ME-25 > 【 ME-25 】エフェクト使用時から、エフェクトをかけない状態に切り替える方法を教えてください。
  • No : 87498
  • 公開日時 : 2017/12/18 16:08
  • 印刷

【 ME-25 】エフェクト使用時から、エフェクトをかけない状態に切り替える方法を教えてください。

カテゴリー : 

回答

ME-25 で各エフェクトがかかっていない音を出す場合は、以下に紹介する 2 つの方法があります。

■ TUNER の BYPASS を利用する方法

    MEMORY ▼ / ▲ペダルを同時に押すことで、チューナー・モードにはいります。

    チューナーがオンの時は、エフェクトがかかっていない音が出力 される仕様ですので、チューナー・モードに切り替えてお使いいただくことで、バイパス状態にすることが可能です。

    ※ ME-25 取扱説明書 P.10 便利な機能「ギターをチューニングする(チューナー)」も合わせてご参照ください。

 

■ エフェクトをすべて OFF にしたメモリーを作成・保存する方法

    ※ ME-25 取扱説明書 P.5~「エフェクトを細かく設定する(エディット・モード)」もあわせてご参照ください。

   1. ベースとなるメモリーを選択します。

      ※ 今回はすべて OFF にするため、どのメモリーを選んでも違いはありません。

   2. [ EXIT ] ボタンと [ WRITE ] ボタンを同時に押し、エディット・モードにします。

   3. ノイズ・サプレッサーの設定を OFF にします。

      [EXIT] を押しながら、MEMORY ▼ ペダルを何度か押して、液晶の表示を "t0" にしてください。

 4. 以下の点灯・点滅しているボタンを押して、すべて消灯させます。

      [ CLEAN / COMP/FX ] [ CRUNCH / OD/DS ]  [ DRIVE / PREAMP ]
      [ HEAVY / MODULATION ] [ LEAD / DELAY ]  [ EXTREME / REVERB ]
      [ PEDAL FX ]  [ SUPER STACK ]

 5. [WRITE] ボタンを押して、保存したいメモリー・ナンバーに保存します。

   以上の設定をしたメモリーを、エフェクトがかかるメモリーの次の番号に保存しておくことで、メモリーを切り替えることでエフェクトのかかっていない状況にできます。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます