• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > A ではじまる型番 > Aerophone AE-10 > 【 Aerophone AE-10 】バイオリン(Tone:028 Violin)やチェロ(Tone:029 Cello)を吹いていると、「コツコツ」や「ポンッポンッ」というような音色に変化することがあります。どうしてですか
  • No : 86910
  • 公開日時 : 2017/09/08 16:55
  • 印刷

【 Aerophone AE-10 】バイオリン(Tone:028 Violin)やチェロ(Tone:029 Cello)を吹いていると、「コツコツ」や「ポンッポンッ」というような音色に変化することがあります。どうしてですか

回答

● AE-10 背面にあるサム・コントローラーを操作されていませんか

AE-10 背面にあるサム・コントローラーを操作することで、ピッチ(音高)のアップ・ダウンを操作したり、音色によってはさまざまな効果を加えたり、音色を変化させることができます。

AE-10 のバイオリンやチェロでは、サム・コントローラー部を操作することで、「Pizzicato」の音が鳴るように設定されており、意図せず操作してしまっている可能性がございます。

※ サム・コントローラーに関しては、AE-10 の取扱説明書 P.3「サム・コントローラー」をご覧ください。

このような場合は、背面のサム・コントローラー機能に触れないようにご注意いただくか、本体の設定でサム・コントローラーに何も設定を割り当てないユーザー・トーンを作成してお使いください。

※ 本体を床に置かれる際にも、サム・コントローラー部が当たってしまうことがございます。ご注意ください。

■ サム・コントローラーの設定を OFF にする場合

取扱説明書 P.7「Bend Sw(サム・コントローラー上/下の設定)」と「Left Right(サム・コントローラー左/右アサインの設定)」を両方とも OFF にします。

その後、取扱説明書 P.6「トーンの保存方法」の手順でユーザー・トーンへの保存を行い、保存したトーンを使用してください。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます