• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > X > XV-88 > 【 XV-88 】 パフォーマンス/パッチ/リズム・セット/GMモードはそれぞれどのように違うのですか?
  • No : 85032
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 XV-88 】 パフォーマンス/パッチ/リズム・セット/GMモードはそれぞれどのように違うのですか?

カテゴリー : 

回答

XVシリーズには、様々な使用条件に最適な状況で対応するためパフォーマンス、パッチ、リズム・セット、GMの4つのモードを持っています。以下はそれぞれのモードの特長です。

パッチ・モード:1つのMIDIチャンネルのみ受信でき、主にXVシリーズを1種類の音色が出るシンセサイザーとして使う場合や、音色を作るときに使用します。

リズム・セット・モード:1つのMIDIチャンネルのみ受信でき、主にXVを単体のリズム・セット専用シンセサイザーとして使う場合や、リズム・セットを作るときに使用します。

パフォーマンス・モード:最大16(32)までのMIDIチャンネルが受信でき、それぞれ違った音色で演奏できます。主に多くの楽器の音色を使ったアンサンブルを演奏するときに使用します。また、1つのMIDIチャンネルで複数のパッチを重ねて鳴らすこと(レイヤー)で、新たな音色を作成することもできます。

GMモード:GM Level2の音源として使う場合に使用します。このモードでも最大16までの音色で演奏できますが、市販のGM/GM Level2に対応した曲データの再生やGM対応の曲データの作成のための専用のモードで、選択できる音色に限りがあります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます