• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 84394
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 VS-1880 】 CDRモードとは何ですか。

カテゴリー : 

回答

CDオーディオをイメージ・ファイルのまま録音できるモードです。

オーディオCDの音声データは、44.1kHzの16bitデータで、LチャンネルとRチャンネルが交互に並んでいます。VS-1880のようなマルチ・トラック・レコーダーの場合には、このようにLとRがミックスされたオーディオCDのようなデータの形は扱い難いので、1トラックづつのデータのかたまりとして管理されています。

VS-1880でオーディオCDを作る場合には、LチャンネルとRチャンネルのデータをオーディオCDのデータの形に変換(Convert)する必要があります。この変換には実時間の2倍程度の時間が必要となります。

そこで、VS-1880ではCD作成という目的がはっきりしているソングを作ったり、Mastering RoomでCD作成用にMixdownする時にCDRモードを選択することにより、オーディオCDのようにLとRのチャンネル・データが交互に並んでいる「イメージ・ファイル」のまま録音できます。これによりオーディオCDデータの形式に変換する時間がかからなくなります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます