• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > V > VM-3100Pro > 【 VM-3100Pro 】 VM-7200/7100とVM-3100ProとをR-BUS(RMDB2)ケーブルで接続するときに注意することはありますか?
  • No : 84062
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 VM-3100Pro 】 VM-7200/7100とVM-3100ProとをR-BUS(RMDB2)ケーブルで接続するときに注意することはありますか?

カテゴリー : 

回答

VM-3100ProをINTERNAL、VM-7200/7100を「MULTI IN」に設定して(つまりVM-3100Proをマスターとして)お使いのときは、R-BUS(RMDB2)ケーブルを抜かないでください。R-BUS(RMDB2)ケーブルが抜けると、VM-7200/7100のWORD CLOCK SOURCEが自動的にINTERNALに切り替わる ため、そのまま再接続しても、お互いINTERNAL同士での接続となり、同期できません。このときは、大きなノイズが発生し、最悪の場合スピーカーなどを破損する恐れがあります。

また、VM-3100Proは、48.0kHzのサンプリング・レートには対応していません。VM-7200/7100の INTERNAL SAMPLING RATEは44.1kHz以下に設定してください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます