• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > U > UM-880 > 【 UM-880 】 UM-880の MIDI OUT の確認 (MIDI OUT PREVIEW) を行なうと、MIDI音源の音が出た後に、"MIDI COMMUNICATUIN ERROR"や"MIDI OFF LINE"など、MIDIケーブルが抜けたときと同じようなエラーが出ます。どうしてですか?
  • No : 83238
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 UM-880 】 UM-880の MIDI OUT の確認 (MIDI OUT PREVIEW) を行なうと、MIDI音源の音が出た後に、"MIDI COMMUNICATUIN ERROR"や"MIDI OFF LINE"など、MIDIケーブルが抜けたときと同じようなエラーが出ます。どうしてですか?

カテゴリー : 

回答

UM-880は MIDI OUT PREVIEW を行なうとき、アクティブセンシングというメッセージを音源に送ります。そして、MIDI OUT PREVIEW が終わると、そのアクティブセンシングというメッセージを送らなくなります。MIDI音源の中には、このメッセージが途切れたことに対して、"MIDI Communication Error"や"MIDI OFF LINE"など、MIDIケーブルが切れたり抜けたりしてしまった、というエラー・メッセージを表示するものがあります。

MIDI音源から正しく音が出たり、正しく反応があれば問題はありません。ご安心ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます