• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > U > UA-3FX > 【 UA-3FX 】 UA-3 FX でデジタル録音をする際に、録音ができなかったり、録音の際の音量が小さくなってしまいます。
  • No : 83014
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 UA-3FX 】 UA-3 FX でデジタル録音をする際に、録音ができなかったり、録音の際の音量が小さくなってしまいます。

カテゴリー : 

回答

■ 録音できない
  • デジタル出力機器側と UA-3FX 本体、録音ソフト(Sound it!など)の 3 つで、サンプリングレートを合わせてください。
    UA-3FX は、デジタル入力時は [32,44.1,48kHz] に対応しています。
    また、サンプリングレートを変更する際は、必ずオプティカル(光)ケーブルをつなぎなおしてください。
  • UA-3FX 側面の [REC SOURCE] が、「DIGITAL」 になっているかご確認ください。
  • UA-3FX は SCMS に対応しています。
    CD からデジタル録音したMDなど、著作権保護のための符号が記録された曲をデジタル入力コネクターから入力した場合、
    UA-3FX はこれをコンピュータに録音することができません。
    (その場合も、ライン出力ジャック、ヘッドホンジャックからは音が聞こえます。)

■ 音が小さく録音されてしまう

  • UA-3FX のエフェクトが [ON] になっていると、音が小さく録音されることがあります。
    エフェクト を [OFF] に設定してください。
    この状態で、デジタル IN 端子から受信したデジタル信号の音量を変えることなく録音することができます。
  • デジタル出力機器側の音量が小さいと、デジタル信号に含まれる音量も小さくなります。
    お使いの機器側で、デジタル出力の音量も上げられる場合は、音量を上げてみてください。
    なお、UA-3FX では、デジタル入力信号の音量を上げることはできません。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます