• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 82322
  • 公開日時 : 2013/11/28 11:13
  • 更新日時 : 2020/06/18 14:39
  • 印刷

【 TD-30 】 USB メモリーを使って、どのようなことができますか。

カテゴリー : 

回答

TD-30のユーザー・メモリーを保存したり、保存したメモリーをTD-30に戻したりすることができます。
また、USBメモリーに保存したオーディオ・ファイル(WAV, MP3)をTD-30で再生することもでき、再生の動作をフット・スイッチやパッドでもコントロールすることができます。
 

※ローランドが販売しているUSBメモリーが手に入りにくい場合は、こちら をご覧ください。

 
● TD-30本体で保存できる内容は以下のとおりです。
  • ドラム・キット/チェイン/パーカッション・セット/パターン/セットアップのすべての設定をまとめて保存(最大99セット)
  • キット・データ(最大999個)
  • パターン・データ(最大999個)
● USBメモリー経由で TD-30に読み込めるデータは以下のとおりです。
  • TD-30本体で保存した各データ
  • TD-20/TD-20Xのバックアップ・データに含まれるキット・データ
  • WAV, MP3データ(再生可能なフォーマットは以下のとおりです)

TD-30で再生可能なオーディオ・ファイル・フォーマット
MP3
サンプリング周波数
44.1kHz
ビット・レート 64kbps~320kbps
WAV
サンプリング周波数 44.1kHz
ビット数 8, 16, 24 ビット
 
オーディオ・ファイルの再生/停止をフット・スイッチやパッドで操作する場合は、TD-30のフット・スイッチに機能を割り当ててください。
※ 詳しい操作方法については、TD-30 取扱説明書「フットスイッチやパッドに機能を割り当てる (CONTROL)」をご参照ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます