• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > S > SP-606 > 【 SP-606 】 P606 と使う場合、 SP-606 からどのようなことがコントロールできますか?
  • No : 81525
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 SP-606 】 P606 と使う場合、 SP-606 からどのようなことがコントロールできますか?

カテゴリー : 

回答

SP-606 から、P606 を以下のようにコントロールすることができます。

SP-606のボタン コントロールできる内容
[PAD1] - [PAD6]

※ [FUNC] を押しながら
[PAD1] - [PAD6] を押して機能を選択します
P606 のカレント・パートの移動
P606 のパート・ミュートのオン・オフ切り替え
P606 のパート・ソロのオン・オフ切り替え
PAD を押すことでノート・メッセージを
P606 に送信しカレント・パートを演奏
P606 のカレント・シーケンスの変更
CURSOL [↑] [↓] [←] [→]
P606 の PART MIXER 内のカーソル移動
[DEC] [INC]、VALUE ダイヤル
カーソル位置の値 (MUTE, SOLO, PAN, LEVEL) を変更
[ENTER]
カーソル位置が MUTE, SOLO
にあるときのオン・オフ切り替え
SEQUENCER の
[|<<] [<<] [>>] [■] [>] [●]
P606 の「 TRANSPORT 」の各ボタンに対応
CTRL 1 - 3 、 D BEAM
P606 の「 ASSIGNABLE CONTROLS 」の
CTRL 1 - 3 つまみ、 D BEAMにそれぞれ対応
[SAMPLING] (EXT SEQ SAMPLING)
P606 のカレント・シーケンスの演奏を
SP-606 にサンプリング

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます