• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 81496
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 SP-505 】 SP-303と違う点は?

カテゴリー : 

回答

4パート構成のパターンを作ることができます。更にパターンを演奏順に並べたソングを作ることができます。

サンプリングしたフレーズのアタックを検出し、音素材ごとのサンプルに分割する「チョップ機能」を搭載しています。

サンプルに音階をつけて演奏することができる「ピッチ機能」を搭載しています。

最大16個のフレーズのBPMをワンタッチで同期させることができる「BPMシンク」機能を搭載しています。

ディスプレイに表示されるサンプルの波形を見ながらスタート/エンド・ポイントの修正やトランケートが行えます。波形の拡大表示(ズーム・イン)によって、より細かなエディット作業も可能です。

デジタル・イン端子を2系統(オプティカル/コアキシャル)装備しています。CDやパソコンなどからのデジタル・オーディオ信号をサンプリングすることができます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます