• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > S > SP-404 > 【 SP-404 】 SP-404 本体のメモリーにプリセットしてあった、プリ・ロードのサンプルを消してしまいました。これを復活させることはできますか?
  • No : 81486
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 SP-404 】 SP-404 本体のメモリーにプリセットしてあった、プリ・ロードのサンプルを消してしまいました。これを復活させることはできますか?

カテゴリー : 

回答

工場出荷時に割り当てられているサンプル(サンプル・バンクA、サンプル・バンクBのパッド1,2)やパターン(パターン・バンクA)は、いったん消去すると、SP-404 本体だけでは工場出荷時の状態に復帰させることはできません。

工場出荷時の状態を残しておきたいときには、別売のメモリー・カード(コンパクトフラッシュ)をご用意いただき、あらかじめ工場出荷状態のバックアップ・データを保存しておく事をお勧めします。

SP-404 は、バックアップ・データ (サンプル・バンクやパターン・バンクを含む本体の設定すべてのデータ) をメモリー・カードに保存します。最大 12 個まで保存できます。

    ■ バックアップ・データを保存する手順
  1. SP-404 でフォーマットしたメモリー・カードを挿入します。
    ※ SP-404 で使用中のメモリー・カードでも、バックアップ・データを保存するだけの空き容量があれば、そのままバックアップ用として使えます。
  2. [CANCEL]を押しながら、BANK[C/G]~[F/J]のいずれ かを押します。
    ディスプレイに “SAV” と表示され、バックアップ・データが保存されていないパッドが点滅します。
  3. 保存先のパッドを 1 つ選びます。
    選んだパッドが点灯し、他のパッドの点滅は消えます。
    [REC]が点滅します。
    ※ 手順 1 で消灯している(データが保存されている)パッドを選 ぶことはできません。
    ※ 中止するときは、[CANCEL]を押します。
  4. [REC]を押します。
    [REC]が点灯し、バックアップ・セーブが実行されます。実行中は、ディスプレイのドットが点滅します。点滅が消えると、バックアップ・セーブは終了します。

    ご注意 :
    ドットが点滅している間は、絶対に電源を切らないでください。バックアップ・データやメモリー・カードが破壊される恐れがあります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます