• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > S > SI-80SP > 【 SI-80SP 】 SI-80SPの「VIDEO TIME CODE」のランプが早いピッチで点滅しています。どうしてですか?
  • No : 81143
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 SI-80SP 】 SI-80SPの「VIDEO TIME CODE」のランプが早いピッチで点滅しています。どうしてですか?

カテゴリー : 

回答

「VIDEO TIME CODE」のランプが点滅しているのは、SI-80SPの動作モードが「手動設定モード(SI-80Sモード)」になっているためです。 

以下の手順で通常の「自動判別モード」に戻す事ができます。

  1. SI-80SPのACアダプターのプラグをコンセントから抜いて、電源を切る。
  2. AI-80SPの切り替えスイッチが「L-CONNECTORS」になっている事を確認する。
  3. [SELECT]ボタンを押しながら、ACアダプターのプラグをコンセントに差し込み、電源をいれる。
  4. 「AUTO DETECT」のランプが3つとも点灯したら、[SELECT]ボタンから手を放す。
  5. 「VIDEO TIME CODE」のランプが点滅していない事を確認する。

※上記操作で「自動判別モード」と「手動設定モード」を交互に切り替える事ができます。 

SI-80SPをLANC端子で接続して使用する場合、自動判別モードと手動設定モード(SI-80Sモード)の2つの動作モードを切り替えることが可能です。 通常は自動判別モードで問題ありませんが、ソニー製DVカメラ「DCR-TRV900 NTSC」を使用している場合、製造時期によりタイムコードを正しく判別できない場合があります。SI-80SPの電源を入れた時に「AUTO DETECT」のランプの「NDF」が点灯する場合は、手動設定モードでタイムコードを設定して下さい。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます