• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > S > SH-201 > 【 SH-201 】 SH-201 のパネル上に、「 FILTER (フィルター) 」 とあるのですが、ここでは 音のどのようなコントロールをするのですか?
  • No : 81121
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 SH-201 】 SH-201 のパネル上に、「 FILTER (フィルター) 」 とあるのですが、ここでは 音のどのようなコントロールをするのですか?

カテゴリー : 

回答

FILTER 部では、音の明るさや太さを決めます。

SH-201 には、以下のような 3 つのフィルターがあります。



  • LPF (ロー・パス・フィルター)
    カットオフ周波数より高い周波数成分をカットして、音を丸くします。
    最も一般的に使われるフィルターです。
  • HPF(ハイ・パス・フィルター)
    カットオフ周波数より低い周波数成分をカットして、高域を強調します。
    高域に特徴のある打楽器系の音を作るときなどに使います。
  • BPF(バンド・パス・フィルター)
    カットオフ周波数付近の周波数成分だけを通し、他の周波数成分をカットします。
    クセのある音などを作るのに適しています。
    OSC の波形に「NOISE」を選んでいるときに選ぶと、ノイズ波の特定の周波数成分だけが
    聴こえるようになるため、ノイズに音の高さを付けて演奏することができます。

[TYPE] ボタンを押すたびに、、LPF → HPF → BPF → BYPASS → LPF → ... の順で切り替わります。

※ BYPASS(バイパス) が選択されると、オシレーターの音がフィルターを通らずに、そのまま出力されます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます