• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > S > SH-201 > 【 SH-201 】 SH-201 のパネル右側に、「AMP ENV」 とあって、A,D,S,R とスライダー・ノブがありますが、ここではどのような音のコントロールをするのですか?
  • No : 81114
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 SH-201 】 SH-201 のパネル右側に、「AMP ENV」 とあって、A,D,S,R とスライダー・ノブがありますが、ここではどのような音のコントロールをするのですか?

カテゴリー : 

回答



AMP ENV (アンプ・エンベロープ)部では、音量の時間的な変化を作ります。
例えば、ピアノ音では、鍵盤を弾くと同時に音が鳴り始め、その後だんだんと音が小さくなります。
一方、オルガン音などでは、鍵盤を弾いてから離すまでの間、一定の音量で鳴り続けます。
アンプ・エンベロープ部では、このような、音量の時間的な変化の特徴を設定します。



  • A(アタック・タイム)つまみ
    キー(鍵)を押さえてから、音量が最大になるまでの時間を決めます。
    上へ動かすほど時間が長く、下へ動かすほど短くなります。
  • D(ディケイ・タイム)つまみ
    音量が最大になってから、サスティン・レベルに下がるまでの時間を決めます。
    上へ動かすほど時間が長く、下へ動かすほど短くなります。
  • S(サスティン・レベル)つまみ
    アタック・タイムとディケイ・タイムが過ぎてから、キーを離すまでの間の音量を決めます。
    上へ動かすほど、音量が大きくなります。
  • R(リリース・タイム)つまみ
    キーを離してから、音量が最小になるまでの時間を決めます。
    上へ動かすほど時間が長く、下へ動かすほど短くなります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます