• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > S > SA-300 > 【 SA-300 】 SA-300 のアンチ・フィードバックは、具体的にはどのようなフィードバックを防止するのですか?
  • No : 80763
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 SA-300 】 SA-300 のアンチ・フィードバックは、具体的にはどのようなフィードバックを防止するのですか?

カテゴリー : 

回答

SA-300 では、以下の 3つの内部機能により自動的にフィードバック発生をコントロールし、フィードバックの起こりにくい安定した音響システムを実現することが可能です。

ダイナミック機能

  1. マイク無音時のフィードバックを防止します。
    マイクへの音声入力が無いとき (プレイヤーがマイク位置にいないときなど) に発生する
    フィードバックについて、フィードバック・ポイントを自動検出して専用フィルターで取り除きます。
  2. マイク使用時の突発的なフィードバックを防止します。
    環境の変化やマイクの移動などで発生する突発的なフィードバックを、非常に幅の狭いフィルターに
    よって、最小限の音質変化で自動的に取り除きます。

セーフティ・マージン機能

  1. 自動計測により、フィードバックを防止します。
    フィードバックの発生しやすい周波数は、マイクとSA-300 (スピーカー) の配置や
    SA-300 出力レベル設定によって変化します。
    この周波数を、SA-300 は事前計測によって検出し、そこに十分なセーフティ・マージン
    (フィードバックが発生するまでのゲインの余裕) を確保します。
    計測からセーフティ・マージン確保までを、わずか数秒間で行います。
    専用フィルターはフィードバック・ポイントごとに最適処理されるため、最小限の音質変化で
    安定した音響システムを実現します。


ご参考: アンチ・フィードバックの各機能とボタンとの関係
  • ON/OFF ボタン: ダイナミック機能のオン/オフ
  • SWEEP ボタン: セーフティ・マージン機能の動作

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます