• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > S > S-760 > 【 S-760 】 RC-100をS-760で使用したいのですが、ボタンの表記が異なるので非常に使いづらいです。何か、使用上の参考になるようなものはないでしょうか。
  • No : 80756
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 S-760 】 RC-100をS-760で使用したいのですが、ボタンの表記が異なるので非常に使いづらいです。何か、使用上の参考になるようなものはないでしょうか。

カテゴリー : 

回答

RC-100は、元来S-330/550用のコントローラとして作成されたものなので、S-760と組み合わせて操作する場合、RC-100のボタン表記とS-760のボタン表記が一致しません。S-760Ver2追加機能マニュアル3-7に記載のある対応表と照らし合わせるのですが、S-330/550をお使いになったことがないと、わかりにくい部分があるでしょう。

下記に、操作子ごとの役割を紹介いたします。

●PLAYボタン「JUMP」(本体の SHIFT + → に相当)

JUMPメニューを開きます。表示させたい項目を↑↓ボタンで選択し、INS(本体のS1/DECに相当)ボタンで表示を切替えます。

●EDITボタン「F1」(本体のF1と同じ)   

画面下に並んでいる機能のうち、最も左側のコマンドが実行されます。また、コマンドが割り当てられていない場合、ボタンのランプは点灯しません。

●DISKボタン「F2」(本体のF2と同じ)

画面下に並んでいる機能のうち、左から2番目のコマンドが実行されます。また、コマンドが割り当てられていない場合、ボタンのランプは点灯しません。

●MIDIボタン「F3」(本体のF3と同じ)

画面下に並んでいる機能のうち、左から3番目のコマンドが実行されます。また、コマンドが割り当てられていない場合、ボタンのランプは点灯しません。

●FUNCボタン「F4」(本体のSHIFT + F1に相当)

画面下に並んでいる機能のうち、右から2番目のコマンドが実行されます。また、コマンドが割り当てられていない場合、ボタンのランプは点灯しません。

●UTILTYボタン「F5」(本体のSHIFT + F2に相当)

画面下に並んでいる機能のうち、最も右側のコマンドが実行されます。また、コマンドが割り当てられていない場合、ボタンのランプは点灯しません。

●F1ボタン「F6」(本体のSHIFT + F3に相当)

RC-100と外部モニターとを組み合わせている場合は特に使用しません。

●F2ボタン「MARK」(本体のSHIFT + ↓に相当)

MARKメニューを開きます。表示させたい項目を↑↓ボタンで選択し、INS(本体のS1/DECに相当)ボタンで表示を切替えます。

●F3ボタン「HOME」(本体のSHIFT + ←に相当)

カーソル位置をデフォルト位置に移動します。   

●MENUボタン「MODE」(本体のMODEと同じ)    

MODEメニューを開きます。表示させたい項目を↑↓ボタンで選択し、INS(本体のS1/DECに相当)ボタンで表示を切替えます。 

●COMMANDボタン「COMMAND」(本体のCOMMANDと同じ)    

COMMANDメニューを開きます。表示させたい項目を↑↓ボタンで選択し、INS(本体のS1/DECに相当)ボタンで表示を切替えます。

●SUB MENUボタン「MENU」(本体のSUB MENUと同じ)    

現在選択されているモードに応じたメニューを開きます。PerformanceならPerformance

Mode、PatchならPatch Modeという具合です。表示させたい項目を↑↓ボタンで選択し、INS(本体のS1/DECに相当)ボタンで表示を切替えます。

●EXECUTEボタン「EXIT」(本体のEXITと同じ)    

開いているメニュー画面を閉じます。

●INSボタン「S1」(本体のS1/DECボタンと同じ)   

選択したパラメータの値をひとつずつ減らします。また、メニューの選択、実行の際にも使用します。

●DELボタン「S2」(本体のS2/INCボタンと同じ)   

選択したパラメータの値をひとつずつ減らします。また、マウスの右クリックに相当する場合があります。例えば、パッチネームやパーシャルネームを変更する場合がそうです。   

●START/STOPボタン(赤)「PREVIEW」(本体の録音レベル/ボリュームつまみを押す操作に相当)

現在選択されているサンプルを再生します。

●テン・キー    

ASCII Keyboard画面を開いているときに、テン・キー、キーボードとして動作します。

●DEC/NO・INC/YESボタン    

DEC/NOボタンは「DEC」(パラメータの値をひとつずつ減らす)としてのみ、INC/YESボタンは「INC」(パラメータの値をひとつずつ増やす)としてのみ動作します。

●RECボタン(赤)    

使用しません。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます