• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 80541
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 RP-2 】 リム・ショット奏法に対応していますか?

カテゴリー : 

回答

RMP-1(RM-2とRP-2のセット)はリム・ショット奏法には対応していません。
RP-2は、リム部分にセンサーを持っていないためです。ただし、RMP-1は、弱く叩いた場合には普通の音、強く叩いたときは、オープン・リム・ショットの音が出る音色を持っています。この音色を使えば、リム・ショット奏法に対応していないパッドでも、叩く強さによって、普通の音とリム・ショットの音を鳴らし分けることができ、簡単なリムショットの演奏の練習ができます。4番・6番・11番の音色がそうです。
本格的なリム・ショット奏法をする場合は、RM-2とPD-80RあるいはPD-120を組み合わせてください。

※リム・ショット奏法をするには、PD-120あるいはPD-80RをRM-2のトリガーインプット1に接続します。このとき、RM-2のトリガーインプット2にパッドを接続することはできません。

※RM-2とPD-7、あるいはPD-9を組み合わせた場合、リム・ショット奏法には対応できません。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます