• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > R > RMP-5 > 【 RMP-5 】 RMP-5 は、キックと シンバルを追加して、ドラム・キットの形で練習できるようですが、どのようにセッティングするのですか?
  • No : 80497
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 RMP-5 】 RMP-5 は、キックと シンバルを追加して、ドラム・キットの形で練習できるようですが、どのようにセッティングするのですか?

カテゴリー : 

回答

RMP-5 のEXT TRIG IN ジャックに、別売のケーブル(PCS-31L)を接続すると、シンバルとキックの両方を接続することができます。ここでは、CY-8 とKD-8 を接続する例を紹介します。



■ シンバル・パッドの接続
別売のケーブル (PCS-31L) の左側(黒)を、シンバル・パッドのアウトプット・ジャックに接続します。

  • パッドをたたくと、「EXT1」が点灯します。
  • [METRONOME]を何度か押して、「 1 」(PAD SOUND)を選び、[+]/[-]を押して、音色を変えることができます。

■ キック・トリガー・パッドの接続
別売のケーブル(PCS-31L) の右側(赤)を、キック・トリガー・パッドのアウトプット・ジャックに接続します。

  • ペダルをたたくと、「EXT2」が点灯します。
  • [METRONOME]を何度か押して、「 1 」(PAD SOUND)を選び、[+]/[-]を押して、音色を変えることができます。


    ご注意 :
  1. RMP-5 の設定が以下のようになっている必要があります。
    インプット・モード:
    トリガー・タイプ EXT1: 、EXT2:
    ※工場出荷時は、上記の設定になっています。
  2. シンバル・パッドの接続には、L 型のケーブル PCS-31L をお使いください。I 型のケーブル PCS-31 を使うと、演奏時、ケーブルの端子が CY-8 本体に当たってしまいます。
  3. EXT TRIG IN ジャックにシンバル・パッドとキック・トリガー・パッドの両方をつないだ場合、シンバル・パッドのエッジ・ショットやチョーク奏法はできません。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます