• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 80246
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 RC-20 】 RC-20 の使い方には、どのようなものがありますか?

カテゴリー : 

回答

  • あらかじめレコーディングした演奏や音声にリアルタイム演奏を次々と重ねて、サウンド・オン・サウンドによるパフォーマンスを演出できます。
  • あらかじめ特定区間のバッキングやリフを録音しておき、それを再生させながらギター・ソロを演奏できます。
  • あらかじめギター・ソロを録音しておき、さらにリアルタイムにギター・ソロを重ねると、コーラスとは一味違ったダブリング効果や、ピッチ・シフターやハーモナイザーでは難しい、思い通りのハーモニーのツイン・ギターを演出できます。
  • R&B やテクノ、ドラムンベースなどのループ・フレーズを複数録音しておき、それを順番に切り換えて再生できます。
  • あらかじめ録音しておいた音声を、タイミングを合わせてペダルを踏むだけで再生できます。イントロやSE、効果音、ジングルなど、いろいろな用途に使えます。
  • サンプリングCD や MD などからフレーズの素材を録音し、その上にギターやボーカル素材などを録音できます。ループ素材の作成に最適です。
  • CD や MD から録音したフレーズのテンポを変えて再生できるので、フレーズ・トレーニングに効果的です。また、中央に定位している音を取り除くセンター・キャンセル機能も、トレーニングに便利です。
  • あらかじめ録音しておいたフレーズや音声を再生させながら、そのテンポをリアルタイムに上げたり下げたりすると、SE的な効果を演出できます。
  • 録音したフレーズやボーカルをリバース再生することで、特殊な効果を得ることができます。ライブでのギミック・プレイにも使えます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます