• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > P > PCR-A30 > 【 PCR-A30 】 PCR シリーズを使って、VST Insterument や DXi などのソフトウェア・シンセサイザーを鳴らそうとすると、鍵盤を弾いてから、ソフトウェア・シンセサイザーが鳴るまでに時間差(タイムラグ) があります。どうしてですか?また、これを短くできますか?
  • No : 79750
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 PCR-A30 】 PCR シリーズを使って、VST Insterument や DXi などのソフトウェア・シンセサイザーを鳴らそうとすると、鍵盤を弾いてから、ソフトウェア・シンセサイザーが鳴るまでに時間差(タイムラグ) があります。どうしてですか?また、これを短くできますか?

カテゴリー : 

回答

ソフトウェア・シンセサイザーはその構造上、パソコンのサウンドカードを使って音を鳴らします。しかし、ソフトウェア・シンセサイザーの音が、サウンドカードから実際の音となって再生されるまでには、一般的に「レイテンシ」と呼ばれるタイムラグが発生します。

レイテンシは、どのようなソフトウェア・シンセサイザーとサウンドカードとの組み合わせでも必ず発生するものですが、組み合わせやサウンドカード、シーケンスソフトの設定によっては、実用上ほとんど支障がない程度まで縮めることができる場合もあります。

一般的には、レイテンシを下げるためには、次のような設定が有効です。

  • シーケンスソフトのオーディオバッファを下げる(小さくする)
  • サウンドカードのバッファを下げる(小さくする)

いずれも、具体的な設定手順については、シーケンスソフトやサウンドカードの取扱説明書などをごらんください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます