• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > M > MV-8000 > 【 MV-8000 】 MV-8000 Version 3 で追加されたアナログ・モデリング・ベースとは、どのようなものですか?
  • No : 79479
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 MV-8000 】 MV-8000 Version 3 で追加されたアナログ・モデリング・ベースとは、どのようなものですか?

カテゴリー : 

回答

MV-8000 Version 3 では、MFX に新アルゴリズム、アナログ・モデリング・ベースが追加されました。

2 オシレーター構成のヴァーチャル・シンセサイザーで、内蔵 DSP から発音されます。
ベロシティー・パッドからのリアルタイム演奏や、 MIDI トラックからも演奏できます。
また、本体のコントロール・つまみでダイナミックな音色変化も表現することも可能です。

アナログ感あふれるファットなサウンドによるベース(モノフォニック)の演奏が行えるだけでなく、音域を変えればシーケンス・パターンなどの演奏もできますのでトラック・メイクの可能性が広がります。

<アナログ・モデリング・ベースVCO画面>
JP05-08981_01.pdf

<アナログ・モデリング・ベースVCF画面>
JP05-08981_02.pdf

<アナログ・モデリング・ベースVCO画面(MV8-VGA装着時)>
JP05-08981_03.pdf

<アナログ・モデリング・ベースVCF画面(MV8-VGA装着時)>
JP05-08981_04.pdf

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます