• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 79306
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 motion dive .tokyo performance package 】 motion dive .tokyo は、映像と音楽の音量調整を個別に行なえますか?

回答

<ミュージックコントローラー>にあるボリュームは、再生しているサウンドのみのボリュームが
調整できます。マシン全体の音量は、画面右上にあるスピーカーアイコンをクリックすることで
調整できます。motion dive上で、再生している映像の音声だけを調整することはできませんが、
あらかじめムービーファイルの音量の調整を、QuickTimePRO などのソフトで簡単に行うことが
可能です。

以下に、この方法について詳しく解説します。

---------------------------------------------------------------------
Macintosh の場合(GarageBand 3を使用して音声を編集します)
---------------------------------------------------------------------
[手順]

1.GarageBand を起動し、「新規ムービースコア」を選択し、新規プロジェクトを作成します。

2.GarageBand の画面に音声を編集したいムービーファイルをドラッグします。

3."Video Track" にはムービーの映像、"Video Sound" には音声の波形が表示されますので、
 "Video Sound" 項目にあるボタンから矢印ボタン(三角のアイコン)を押下し、トラック音量の
 編集を表示します。

4.音声の始点と終点をクリックし "音量のオートメーション(丸い点)" を追加 します。

5.始点と終点の数値を同じ値(db)に設定します。

6.GarageBand の環境設定を開きます。
 "書き出し"のタブを開き、オーディオ Podcast 設定を「高品質」に設定し、ムービー設定を
 「最高品質」に設定します。

7.メニューの "共有" から "ムービーをディスクに書き出し..." を選び、ムービーファイルを
 任意の場所に保存します。

以上で、クリップの音声を編集することが可能です。

なお、上記の方法で音声の編集を行いますと、編集後のクリップの音声は AAC形式に変換され
ます。音声の圧縮を行いたくない場合は、あらかじめ motion dive .tokyo で使用する映像を作成
する際に音声の調整を行っていただくことを推奨いたします。

---------------------------------------------------------------------
Windows の場合(QuickTimePro を使用して音声を編集します)
---------------------------------------------------------------------
[手順]

1.音声を編集したいムービーファイルを QuickTimePro で開きます。

2.メニューから [ムービー] - [ムービーのプロパティを表示] を選択します。

3.プロパティ・ウィンドウの [ムービー] - [サウンドトラック] を選択します。

4.プロパティ・ウィンドウの [ファイル] - [音量] を選択します。

5.プロパティ・ウィンドウでお好みの音量に調節します。

6.音量調整完了後、編集したファイルを上書き保存もしくは別名保存します。

以上で、クリップの音声を編集することが可能です。

---------------------------------------------------------------------
ご注意:
Macintosh をご使用の場合、Windows の場合と同様に QuickTimePro を使用して音声編集する
こともできますが、その場合、お客さまの環境によっては、音量調整がうまく機能しない場合があ
ります。Macintosh をご使用の場合は、上記で説明している GarageBand を使う方法で、音声の
調整を行ってください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます