• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > M > MC-909 > 【 MC-909 】 パターンの演奏がもたついたり、よたったりします。どうすれば直りますか?
  • No : 79027
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 MC-909 】 パターンの演奏がもたついたり、よたったりします。どうすれば直りますか?

カテゴリー : 

回答

データ量が非常に多いパターンを作成したり、つまみの情報をたくさん入れすぎると、もたついたりよたったりする場合があります。また、テンポを必要以上に速くしたときにも、同じ症状が出る場合があります。そのようなときは、次の方法で回避できます。

  • 不要なノート情報やつまみの情報を取り除く。
    つまみの情報などを、データ・シン(取扱説明書 P.43参照)で間引きます。
  • 同時にたくさんの情報が送信されないようにする。
    同じポジションにある、和音で入力されたノート情報を、マイクロスコープのムーブ(取扱説明書 P.46参照)で 1クロックずつ後ろにずらします。
  • リズム・パートを優先的に演奏させる。
    リズム・パート以外のパートの情報を、シフト・クロック(取扱説明書 P.43参照)で1クロック後ろにずらします。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます