• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > M > MC-307 > 【 MC-307 】 マイクロエディットで SYS-EX, TEMPO, MUTE 情報を見たり編集したりできません。また、パターン内に TEMPO や MUTE 情報を記録することができません。
  • No : 78960
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 MC-307 】 マイクロエディットで SYS-EX, TEMPO, MUTE 情報を見たり編集したりできません。また、パターン内に TEMPO や MUTE 情報を記録することができません。

カテゴリー : 

回答

SYS-EX, TEMPO, MUTE はカレントパートが MUTE CTRL パートのときのみ見たり編集したりすることができます。 (リファレンスマニュアル P.74 「演奏データを挿入する(インサート・イベント)」参照)

また、カレントパートに MUTE CTRL パートを選択するにはRHYTHM PART VIEW ボタンを MUTE CTRL パートボタンとして使うように設定し、選択する必要があります。(リファレンスマニュアル P.121「RHYTHM PART VIEW ボタンを MUTE CTRL パートボタンとして使う」参照)

他にパターン内に TEMPO や MUTE 情報を記録する手段として、REALTIME REC があります。(リファレンスマニュアル P.66, 67 「ミュートの操作を記録する」、「BPM の変化を記録する」参照)

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます